動物介護士

動物介護士は通信教育があります。
ヒューマンアカデミー・たのまな「動物介護士講座」
動物看護学を基本とした動物介護、トレーニング学(しつけ)含む3冊のテキストと10巻のDVDで学習します。「小動物介護士」と併せて、「小動物看護士」「ドッグシッター」の3つのライセンスを取得でき、すべて在宅受験が可能です。標準受講期間:約4カ月。受講料:87000円(税込)。

がくぶん「ペット介護士養成講座」
犬と猫の健康についての基礎知識から、健康チェック、しつけ、グルーミングまでをテキストとDVDによって学習します。疑問や相談にはすべて回答してくれるサービスがあります。標準受講期間:6カ月。受講料:39900円。

キャリアカレッジジャパン「動物介護士&介護ホーム施設責任者 W資格取得講座」
犬だけでなく、猫の介護ケアも学びます。「動物介護士」と併せて、動物介護施設を開設・運営するための「介護ホーム施設責任者」の資格が取得可能です。テキストを参考にしながら解答できる在宅試験が特色です。標準受講期間:4カ月。受講料:46000円。※ネット申し込みの場合の価格。

動物看護師統一認定機構が出している動物看護士はユーキャンなどの通信教育では取得できません。
動物介護士とかペットシッターは取れるでしょうけど取って意味が有るものなのか。自己満足資格でしょ。

例えば動物病院やペットホテル。ペットの高齢化により、年老いたペットを預けることも増えてきました。そういった場合にペットのお世話がきちんとできるスタッフがいる施設は強い味方ですよね。最近では、人間の世界のようにペットの「デイサービス」施設も増えつつあります。

今までは飼い主の仕事中などに留守番していたペットでも、「年老いてしまって心配」、「専門の施設に預けたい」という方も多いので、この先もっと増えていきそうです。http://xn--xmq41hutg1u3alg0a.com/

豊富な実技(実習)授業で、
即戦力となる力を身につけます。
トリミング実習やグルーミング実習など、実技の授業を豊富に展開。また、動物の行動や看護の授業では知識をしっかり身につけ、高校卒業後に即戦力となる力を身につけます。

犬や猫などの動物が好きだという方、ペットに関わる仕事がしたいという方は、日本ケンネルカレッジで学んでみてはどうでしょうか?

日本ケンネルカレッジは通信専門学校なので、自宅に居ながら勉強することができます。

用意されている講座は、老犬介護士養成専門講座、動物看護士養成専門講座、ドッグトリマー養成専門講座などたくさんあります。

コメントを残す